経済産業大臣指定伝統的工芸品八女福島仏壇 八女福島仏壇仏具協同組合 〒834-0031 福岡県八女市本町2-123-2 TEL 0943-24-3941

八女福島仏壇仏具協同組合
八女福島仏壇について

理事長挨拶

スローガン『先人の知恵に学ぶ』

 八女福島仏壇は江戸後期にその起源を持ち、その独自の技法により九州のみならず、全国の仏壇産地に大きな影響を与えてきました。
 しかし、近年消費税率アップや急激な円安による諸物価高騰など先行きの見えない不安感がつきまとい、それは宗教用具業界にも強烈な影響を及ぼしています。現実的に八女福島仏壇にも厳しい淘汰が目前に迫ってきているのは間違いありません。
 また家族のあり方も変化してきているように思われます。より核家族化が進むと共に、独身世帯が増加し夫婦と子どもから成る世帯が減少しています。
 現在、八女福島仏壇仏具協同組合は30にまで減少し、後継者がいる会員は少なくその存続が危ぶまれております。このように私たちを取り巻く環境は厳しさを増すばかりですが、本年度はぜひみんなが意欲を持って取り組み、一つの目標に向かって邁進できるような魅力的な事業を開催したいと考えております。
 
八女福島仏壇仏具協同組合
理事長 鶴 信行(つるのぶゆき)
画像

伝統工芸士会会長挨拶

 八女福島仏壇を造る一人の職人としてご縁を頂き本当に有難い事です。二百年近く根付いた八女福島の特産工芸品です。私達が生きて往く中で、老、病、死、の教え頂くもっとも象徴する仏壇は私達が依りどころとし、安らぎを与えてくれます。先祖と未来をつなぐ大事なお内仏です。今は厳しい時代だからこそ、自分を見失う事なく家庭を愛して欲しいものです。八女福島仏壇工芸士会として研鑽し時代を担う仏壇を造り皆様方にお届けして行きたいと思っています。

八女福島仏壇仏具伝統工芸士会
会長 宮原賽男
画像